当院のこだわり

当院の感染予防対策01

滅菌・院内感染対策について

「手術をするわけでもないのに、歯科医院で滅菌や消毒にそこまでこだわるの?」とおっしゃるかもしれません。
通常の歯科治療では手術をすることはありませんが、治療の内容によっては多少出血を伴うことがあります。そのときに、もし治療器具の滅菌や消毒が不十分だと、前の患者さんに使った器具を介して、B型肝炎やC型肝炎、HIVなどに感染する可能性が高いことがわかってきました。

歯科医院の滅菌消毒業務には、診療報酬がありません。一生懸命やればやるほど経費がかさみ、歯科医院の経営は苦しくなっていきます。しかし、患者さんに安心できる治療、安全な治療を受けていただきたいという思いから、当院では、滅菌消毒をはじめとする院内感染予防に力を入れています。

当院の滅菌・院内感染対策

当院では、診療器具や器械について、すべて患者さんごとに滅菌を行なっています。
診察基本セットの「歯科用ミラー・探針・ピンセット」は、すべてオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)により滅菌しています。また、麻酔針は、すべてディスポーザブル(使い捨て)です。

院内感染予防システム

患者さんに使用する器具は、患者さんごとにすべて滅菌処理しています。
(滅菌とは、すべての細菌を死滅させることです。)

滅菌処理しているもの

診察基本セット(歯科用ミラー・歯周ポケット用探針・ピンセット)
手術器具
タービンのバー(歯を削るドリルの先端部分です。)
リーマー、ファイル(歯の根の治療をするときに、細菌に感染した歯質を掻き出す器具です。)

使い捨てにしているもの

紙コップ

  • 注射針
  • 麻酔液
  • グローブ(ゴム手袋)

滅菌と殺菌と消毒の違いをご存知ですか?

【消毒】

【消毒】

病原微生物をある程度殺すこと。

【殺菌】

【殺菌】

病原微生物を殺すこと。消毒よりは強いのですが、まだ不十分です。

【滅菌】

【滅菌】

物質中の全ての微生物を殺すこと。完全な処理です。

当院の感染予防対策02

安心・安全に治療を受けていただく為に、当院では、患者様の口腔内に直接触れる器具は、次の様に対応しています。

LED照射器・レントゲンセンサー

ディスポーザブル(使い捨て)カバーを使用しています。

LED照射器・レントゲンセンサー
LED照射器・レントゲンセンサー

3wayシリンジの先端

3wayシリンジの先端

ディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

診療基本器具、オートクレーブ

ペーパートレー、コップ、エプロンはディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。
器具には、滅菌パックを使用しています。

診療基本器具、オートクレーブ
診療基本器具、オートクレーブ

タービン等

タービン等

オイル滅菌をしています。
その他の感染予防対策には、除菌スプレーや、アルコール消毒などを使用し、管理しております。

精密な治療

拡大鏡

むし歯と健康な歯の境目を見極めながらむし歯を削るときや、詰め物やかぶせ物と歯の間に、ほんのわずかなすき間や段差も生じないように治療するときなど、歯の治療は非常に繊細な技術が必要になります。
肉眼では見えないような、ほんの少しのむし歯の削り残しや、反対に削りすぎ、詰め物と歯のすき間といったところから、むし歯が再発してしまうことがあります。
最新の知識や機器、技術があっても、ちゃんと見えていなければ確実な治療を行なうことはできません。人間の肉眼では見えないような細かい治療を確実に行なうために、当院では、2~5倍くらいの倍率で口の中を見ることができる拡大鏡(ルーペやテレスコープとも言われます)を使っています。
患者さんの口の中を肉眼で見るのと拡大鏡で見るのとでは、見え方がまったく違います。精密な治療を行なうために、拡大鏡は欠かせないと実感しています。

レーザー治療

「レーザー」や「レーザー治療」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、歯科治療でもレーザーを使っていることをご存知の方は、まだ少ないかもしれません。
レーザーは人工的に作り出された光で、産業面では通信や計測、機械の加工などに応用され、医療面では診断や治療などに使われています。
医療で使われるレーザー治療には、殺菌、消毒、止血、鎮痛、消炎などの効果があります。
通常の歯科治療にレーザー治療を併用することで、早期に症状が改善したり、痛みを軽減したり、炎症を抑えたりする効果を得ることができます。また、 麻酔や鎮痛剤、抗生物質などの薬の使用量を減らすことができます。副作用もないので、妊娠中の方やアレルギー体質の方、高血圧の方、心臓病でペースメーカーを使用している方にも安心して治療ができるというメリットがあります。
当院では、主に以下のような治療にレーザーを使用しています。

むし歯の予防

歯の表面にレーザーをあてると、再石灰化を促進して歯質が強化されるので、むし歯菌の酸に抵抗しやすくなり、むし歯になりにくくなります。

むし歯の治療

むし歯になってしまった部分をレーザーで取り除きます。それと同時にむし歯菌を殺菌する効果もあります。麻酔注射をしなくても、痛みを感じることはほとんどありません。歯科医院特有の「キーン」というドリルの音や振動もほとんどありません。

知覚過敏症の処置

食べ物を食べるときや冷たい飲み物を飲むときなどに、一時的に歯が痛くなる知覚過敏症の場合、レーザーをあてると痛みを軽減することができます。

歯周病(歯槽膿漏)の治療

歯周病菌という細菌が原因で歯周病になります。歯周病になると、歯ぐきから血が出たり口が臭くなったりします。また、そのまま歯周病が進行してしまうと、 歯が抜けてしまう病気です。歯ぐきがはれた場合は、レーザーで歯と歯ぐきの間からウミを出すことで、痛みとはれがやわらぎ、早く治癒します。また、歯ぐきにレーザーをあてることで、殺菌効果も期待できます。

口内炎の治療

口内炎になってしまうと、食事をするときにも痛みを感じることがあります。口内炎の部分にレーザーをあてると、痛みやしみるのを防ぎ、早く治癒します。

根管治療(歯の根=神経の治療)

歯の根、歯の神経の治療をするとき、レーザーをあてると、歯の根の内部を殺菌することができます。また、痛みやはれ、炎症なども早くおさまります。

入れ歯による痛みをやわらげる

入れ歯と歯ぐきが接するところにできものやただれができてしまった時に、レーザーを使うと炎症や痛みをやわらげることができます。

歯ぐきの黒ずみを除去

メラニン色素が歯ぐきに沈着すると、歯ぐきが黒ずんでしまいます。レーザーをあてると、黒ずみの原因であるメラニンを、痛みもなく短時間で除去できます。数日~1週間ほどで、きれいなピンク色の歯ぐきになります。

歯を抜いた後の止血や痛みをやわらげる

歯を抜いた後などは、血が止まりにくく、痛みが続くことがあります。歯を抜いた後にレーザーを使うと、止血や殺菌、消毒などに効果があり、痛みをやわらげたり早く治癒するなどの効果があります。

顎関節症の処置

顎関節症になると、口が開けにくくなったり、あご周辺に痛みを感じることがあります。レーザーをあてると、この痛みをやわらげることができます。また、口がだんだんと開けやすくなってくる効果も期待できます。

腫瘍の切除

通常のメスの代わりにレーザーをあてて、レーザーメスとして使用すると、腫瘍や小帯などを切除できます。出血も痛みもほとんどなく、治癒を促進する効果もあります。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、肉眼の2倍から20倍まで拡大でき、『今まで肉眼では、見えないものを見えるようにする』顕微鏡の事です。
肉眼では、確認のできなかった歯の細かい凹凸や、ひび割れ(クラック、微小亀裂)、隠れた根管、根管内の汚染状態、形成面の確認、印象の確認、補綴物(かぶせ物、詰め物)のフィットの状態などが良くわかるので、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行なうことができるようになります。

マイクロスコープの特徴

精密な治療ができる。(仕上がりがキレイ。精度が高い。)
正確にできる。(削り過ぎない。丁度にあわせる事ができる。)
詳細な診断がしやすい。(今まで見えなかったものがみえる。)
再発リスクを減らす。(感染部の取り残しを防ぎ、精度の高い治療が可能。)
根管やポケットなどの内部に光が到達して観察できる。(観察する方向に光が届く。)
視野の隅々までどう倍率で見える。(虫メガネのように辺縁が歪まない。)

マイクロスコープによる診療風景

マイクロスコープによる診療風景
マイクロスコープによる診療風景

CTレントゲン装置

CTレントゲン装置
今までに2次元的にしか見えなかった歯や骨の状態が、3次元的に観察できるようになり、より安心・安全な治療ができるようになりました。

患者様用CT動画